大統領は大工さん???

棟りょう 大統領の語原について諸説ありますが、大工の棟梁(とうりょう)という説があります。
 この「大統領」とことばができたのは、ペリーの来日にありました。
 交渉の時にプレジデントを和訳したときに大統領となりました。

 この時の大統領は、フィルモア(第13代大統領)」で、町人出身でした。
 町で偉くて、尊敬される人を探した結果「棟梁」が残ったのです。
 「家を一軒建てることができる」ということは、かなり尊敬されていました。
 さらに「棟梁」の最上級ということで「大」がついて「大棟梁」となり、「大統領」という造語にしたようです。

 辞書で調べると「統領」は「統(す)べおさめるという意味です。
 大工の「棟梁」も同じ意味です。
 すべての職人を束ねることが、棟梁です。
 でも、分業化されていることも多く、棟梁がいなくなりました。
 町の工務店には、わずかですが棟梁が残っています。
 ロコビルダーのメンバーも棟梁です。

カテゴリー: 建築用語 タグ: , パーマリンク