3月10は、砂糖の日

砂糖

 3月10は、語路から砂糖の日です。
 分かりやすいです。

 当たり前に食べている砂糖ですが、日本に伝来されたのは、奈良時代後期、唐の鑑真和尚が日本にお砂糖を伝来したことがはじまりのようです。
 もともとは、「薬」として珍重され、日本でお砂糖が作られるようになったのは、江戸時代になってからです。
 
 お砂糖は脳のエネルギーとして必要とされています。
 うまく利用したいものです。 

カテゴリー: 身辺雑記 タグ: パーマリンク