ビスケットの日(2月28日)

 
 本日は、ビスケットの日です。
 ホームページに詳しく説明(下記説明)されています。
 ずいぶんと古いことに驚きました。

---
 日本でのビスケットの歴史をみると、水戸藩士の蘭医、柴田方庵という人がでてきます。
 それまでは長崎周辺で外国人向けにだけ作られていたビスケットですが、 水戸藩がビスケットの“保存のきく食糧”という点に注目し、その製法を調べます。 そして、柴田方庵が長崎留学中にオランダ人から学んだビスケットの作り方を手紙にし、 安政2年(1855年)2月28日に、水戸藩に宛てて送った史実があります。

 このことを日記に書き記し、「方庵日録」として今でも残っています。
 これが日本でビスケットが作られたことが明確にわかる最も古い記録です。

 ビスケットの語源はラテン語で「2度焼かれたもの」の意味。
 社団法人 全国ビスケット協会では、この語源と柴田方庵の史実を考えあわせ、
 昭和55年に、毎年2月28日を「ビスケットの日」としました。---

カテゴリー: 身辺雑記 タグ: パーマリンク