鏡開きでお汁粉(^^)

おしるこ
 地域によっても違うとは思いますが、関東地方では1月11日が「鏡開き」というのが多いと思います。
 この鏡開きというのは、お正月に神様、仏様に供えていた鏡餅を下げて食べるという風習です。
 お恐れ多くも神仏にお供えしたものですから、パワーが宿っているということですね。
 神様や仏様に感謝しながら、汁物などにして食べることによって、無病息災を祈願しています。

 ところで、鏡開きは「開く」という言葉を使います。
 「切る」というのは、切腹などを連想させるので、縁起が悪いので使わないということです。
 本来は、鏡餅を木槌などでたたき割って食べます。

 でも、最近は、ビニールに包まれていたり、中にカットされたお持ちが入っていたりと、割ることは不可能ですね。
 私が子どもの頃(昭和の時代)は、カビが生えた鏡餅を木槌で割って食べました。
 でも、カビ臭かった思い出であります。
 大切な風習だと思います。

カテゴリー: 身辺雑記 タグ: パーマリンク